灼熱のテントサウナ × 大自然・アウトドアの新定番

注意事項

【テントサウナ注意事項】必見・テントサウナの安全対策|事故防止ガイド

サウナパラダイス公式ブログへようこそ
アウトドア・外遊びでの楽しみを探している皆さまへ

テントサウナは自然の中でテントを立て、薪を起こし温めるサウナです。
薪の香り・・身体の芯から発汗・・・
自然の風や川が熱くなった身体をひんやり包み、
その体験は現実を忘れるほどの心地よい空間。まさに浮世離れした至福の時間・・・

ですが!安全性を確保するためには慎重な対策が必要です。

特に薪を使用する場合、一酸化炭素中毒や火災のリスクが潜んでいます。
ここでは、安全対策と事故防止法に焦点を当て、
楽しく安心してテントサウナを利用するためのガイドを記載します。

テントサウナの安全対策と事故防止ガイド

大切な方と、もしくは団体で
安全に、安心してテントサウナ・アクティビティを楽しむための有意義な方法として、
参加される皆さんに共有いただきたい【テントサウナ注意事項】としてお役立てください。

1. テントサウナの設置場所

テントサウナを設置する場所は風通しや安全性を考慮し、安定した平地を選びましょう。
周囲に障害物がなく、風通しがよい場所が望ましいです。
さらに、乾燥した木や葉が多く存在する場所や、
風が強く火が飛び火する可能性がある場所は避けるようにしましょう。

自然の川にダイブしたい気持ちもわかりますが、川や海の近くでは浸水したり流されたりしない場所を選びましょう。
また川の増水や潮の満ち引きを考慮し、
雨上がりのすぐや干潮時には注意し、川や海から少し離れた場所に設置しましょう。

野生の動物・虫にも細心の注意が必要

山奥でテントサウナを行いたい場合、熊(ヒグマ・ツキノワグマ)、鹿、猪、
毒を持つ危険な動物(毒蛇:マムシ・ヤマカガシ・ハブ)には生命の危険もあるので要注意。
攻撃的なハチ(スズメバチ・アシナガバチ)、ガの仲間のチャドクガ・イラガなどは、
結構身近な場所にも生息しているので、それらに対抗して刺激をしたり、無闇に触ったりするのはやめましょう。
自然は、人間のためだけの場所ではないことを理解し、周辺住民のご意見や表示を必ず確認しておきましょう。

危険動物をリズム良く韻踏んで覚える:熊・猪鹿・蛇・蜂蛾(クマ イノシカ ヘビ ハチガ)

またキャンプ場の施設によっては、テントサウナ禁止区間や禁止施設もあります。
事前に問い合わせておくとベストです。

2. 通気口の確保

テントサウナの中で薪を燃やすことで発生する一酸化炭素は「無色透明、無味無臭」の有毒ガスです。
テント内の通気口を十分に確保し、新鮮な空気の供給を心掛けましょう。
閉鎖空間での換気不足は一酸化炭素中毒の危険性を高めます。
ストーブの通気口を忘れずに開いて薪をくべ、草や落ち葉で換気口が塞がらないよう十分に注意してください。

3. 一酸化炭素チェッカーの使用

一酸化炭素チェッカーの正確な使用は、安全確保の鍵となり、
持っておくに越したことはありませんので、必ず用意してください。

センサーの設置

テントサウナ内に一酸化炭素チェッカーを設置し、正確に作動することを確認します。
センサーが一酸化炭素を感知した場合、アラートが鳴ります。

安全・安心の使用法

一酸化炭素チェッカーの使用方法を事前に理解し、電池の交換やセンサーのメンテナンスを定期的に行いましょう。

4. 薪の取り扱いと火災予防

薪の適切な使用

薪の量や燃焼状態をコントロールし、適切な温度を保つよう心がけましょう。
過度な薪の使用は火災の原因となります。また炭は使わないでください。

薪入れする際は、必ず耐火グローブと薪トングを使用して、火傷に十分注意してください。
また、薪ストーブの薪入れ口を開けた時、一酸化炭素がテント内に流出する可能性があります。
薪入れする際は必ずテントの出入り口を開けて換気した状態で行ってください。

非常時の対応・準備

火の始末に備えて消火器や水を用意し、非常時の対応を把握しておくことが大切です。

NPO日本テントサウナ安全協会が開示している【安全講習テキスト】を事前に確認し、
はやく温めたい気持ちを抑えて丁寧に薪の準備をしましょう。(それでも15~30分で温まりますので)

・少量の燃えやすい木っ端で着火し、炎を大きく育てる
・少しずつ太い薪を追加する
・焚き初めや薪の追加時は不完全燃焼になるので、テントの出入口は全開にして換気する
・焚き初めは焚き付け材(小割にした薪や針葉樹など)で着火する

温まらない原因や解決方法については、別の記事

で、まとめ紹介しています。

5. 体調の確認と休憩

サウナ利用中に体調が優れない場合は、すぐに外に出て休憩しましょう。
無理せず、自分の体調を最優先に考えましょう。
万が一の緊急時には、周囲に助けを求めることや、医療機関の連絡先を把握しておくことが大切です。

以上は、
テントサウナを行う前の知識として、インプットしておくに越したことはない最低限の事柄です。

サウナパラダイスでは、厳選されたキャンプ場でスタッフ常駐のため、
より安心してテントサウナを行うことが可能です!

テントサウナの設置、撤収を全ておまかせ
薪、椅子、一酸化炭素チェッカーまで完備◎

東京都内にも安らぎのテントサウナを体験できる施設がございます。

秋川渓谷・リバーティオは、あきる野市にあります。

都内から車で1時間〜2時間程の穴場スポット。
東京週末お出かけにお悩みなら川、テントサウナのサウナパラダイスへお越しください。

サウナパラダイス予約|大自然でテントサウナ【サウナパラダイス】ですって|ここから予約ページに飛びますよ|アウトドア・川サウナ・薪サウナ
<施設詳細やサ活クチコミは、サウナイキタイHPで確認>
サウナイキタイ|テントサウナ・秋川渓谷リバーティオ|東京都あきる野市
<東京都以外の他府県でもサウナパラダイス展開中>
サウナ1日貸切|ととのい放題
<ご予約は、サウナパラダイスのLINE公式アカウントから>
LINE公式アカウント|saunaparadaise・サウナパラダイス
<リポストから毎月1名様にオリジナルサウナハットプレゼント>
インスタグラム・instagram|saunaparadaise・サウナパラダイス|saupara・サウパラ

PAGE TOP